美容外科

悩み事

医療起訴は事件として扱う事。美容外科で起きた事故は事件なのか

悩み事

医療過誤への対応

医療過誤に対し、院長や執刀医を起訴するという事例は多く存在しています。
特に死亡事故や身体的・精神的苦痛、後遺症が残ってしまったという場合は民事裁判の域を超えることがほとんどです。ちなみに、起訴を行う場合は検察官が裁判請求を行う必要があります。… Read more

提訴にまで至る原因となった、美容外科の対応

ソファーでくつろぐ

術後の対応

美容整形の手術を行ったのに思うような結果が得られず、美容外科の対応も求めているものではないとなった時、患者はクリニックを提訴する…という流れは多く、現在も増え続けています。
例えば二重手術を行ったのに結果は左右の目の形が変わってしまった、まぶたが思うように開かなくなったというものです。事例としては二度の二重手術を行っても改善せず、更に三度目の手術を示唆された為、患者はクリニックを提訴することに決めた、というものがあります。… Read more

お互いの認識と裁判。美容外科の信頼性とは

PCで検索

説明と違う場所への施術

美容外科の裁判内容として挙げられるものに、医師の説明とは違う場所に施術を施したというものです。
ある美容外科では、下瞼の目立ちにくい場所を切開するという説明を受け承諾した所、実際には涙袋のラインに沿って切開されており大きな傷が残ったという事例がありました。
その結果、その手術を行った医師と患者の間で裁判を行うこととなりました。… Read more

告訴された美容外科の事例から見えること

カフェでリラックス

医療ミスの認定

美容外科で医療ミスが発生した場合、患者側の精神的ショックが大きい事から告訴されるというケースも多いです。
ある美容外科では電気脱毛を行った結果、皮膚に焦げたような跡と傷、そして火傷を患者に負わせてしまったという事例がありました。… Read more