実際に起きた美容外科での訴訟事例

思い出す

豊胸手術で起きた事故

豊胸手術では自分自身の脂肪を利用するという方法が採用され始めています。
その場合は下半身の脂肪吸引を同時に行う為、手術料金なども高額になりやすいのですが、短期間でまとめて手術を終えられるといったメリットがあります。

しかし、この手術を行ったある美容外科では、術後に貧血と皮下気腫など様々な症状が患者に現れるといった事故が起きました。
患者は術後数日で総合病院に入院し、ICUに入るといった大掛かりな治療を受けることとなりました。

入院費と手術代

入院後、患者は入院費や損害賠償、手術代の支払いなどをしてもらうために美容外科に対し訴訟を起こしました。
美容外科側は術後に発症した症状に間違いはないか、ということを追求しています。

このように術後、美容外科に対し訴訟を起こすというケースは全国で見受けられます。
この場合、必ずしも手術に問題があると決めつけるのは早計であるとされており、お互いにじっくりと話し合うことが重要です。

改善への道

訴訟を起こされた美容外科でも、その後方針を改めることで成長したという事例は多く存在します。
そのことからも、必ずしも訴訟が父さんへ導くというわけではない事が伺えます。